不動産更新情報

  • 全新着物件数:
  • 一般公開物件数:
  • 未公開物件数:

最終物件更新日

希望条件登録はこちらから

無料希望条件登録で、当店スタッフがあなたの希望物件をメールでお届けします!
葛飾区金町・亀有・柴又・京成高砂エリアで新築一戸建て・中古マンション・中古一戸建て・土地等の不動産をお探しなら仲介手数料最大無料の住まいるプラザへお任せください。

アクセス

JR常磐緩行線
「金町駅」より
徒歩1分!
京成金町線「京成金町駅」の
すぐ目の前!

地図

詳しくはこちら

会社案内

葛飾区「住まいるプラザ」の外観の様子

葛飾区金町の不動産会社
株式会社 住まいるプラザ
東京都知事免許(1)第94694号
東京都葛飾区金町6-3-3
細谷ビル2階
Tel:03-5876-6333
Fax:03-5876-6334
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜日

詳しくはこちら

葛飾区金町駅前の住まいるプラザは「真面目」が自慢の不動産会社です。
不動産屋と言うと最初は入りづらいと思いませんか?
特に大手ではない地元の不動産会社にはその印象をお持ちのお客様が多いと思います。
一生に1度か2度と言われる大きな買い物であり、若しくは思入れがある不動産を手放されるので、信頼の出来る不動産会社でご購入・ご売却したいと皆様もお考えのはずと思います。
私共は「お客様に信頼をいただいてからがご紹介のスタート」と考えております。
新築一戸建て・中古マンション・中古一戸建て・土地等色々と不動産はありますが、それぞれ良い所・悪い所もございます。それらを的確にお伝えし、安心・ご納得いただける事を常に心がけております。
当店は2階にございますので初めてのお客様は最初、入りづらかったとのお声をいただきますが、その後3回・4回とご来社いただきご成約をいただいております。
まずはお気軽にお問い合わせをいただきますようお待ち致しております。

皆さまの「いいね!」に
感謝します

Facebookもチェック

無料売却相談

「売却はまだ先だが現在の相場を知りたい」、「急に家を売る事情ができた」、「住み替えをしたいが売却と購入はどちらを先にすればいいか」、「相続で取得した不動産を売却したい」などお客様から様々なご相談をいただいております。
不動産の売却は、人生に何度も経験することではないので、ご不明な点が多々あると思います。
弊社は取引上重要な事だけではなく、些細な事もお客様の目線になってわかりやすくご提案をさせていただきますので、どうぞご安心いただきご相談ください。

無料売却相談

不動産売却の流れ

売却のご相談
売却のご相談

ご所有不動産の内容をお聞かせください。大きく分けると、不動産の売却には、「仲介」と「買取り」の2種類がございます。

「仲介」の場合は、売主 様とのお打ち合わせで決定した価格で売却活動を開始します。

すぐに購入希望者が見つからない場合もあり、少し時間がかかってもできるだけ高く売りたい方は「仲介」の取引きを選択されます。

「買取り」の場合は、買取業者が転売目的で不動産を買取りますので、「仲介」の取引きよりも売却価格が安くなります。その代わり、すぐに不動産を現金化できますので、早く売却されたい方は「買取り」の取引きを選択されます。

価格査定
価格査定

ご所有不動産の役所調査、周辺での売出価格や成約事例、路線価格等を参考に価格査定を行わせていただきます。並行して、ご希望がございましたら、賃貸価格の同時査定も可能でございます。

媒介契約の締結

売却をご決断されましたら、媒介契約(売却依頼契約)を締結させていただきます。
ここから売却活動の開始となります。

媒介契約の種類は3つございます。

  • 専属専任媒介契約 ・国土交通大臣の指定する指定流通機構(レインズ)への物件登録:5日以内の登録が必要
    ・不動産会社の売主に対する売却活動の業務状況報告:1週間に1回以上文書または電子メールで報告
    ・特定の1社に売却を依頼する契約で、他の不動産会社に重ねて依頼することはできない
    ・売主は自ら見つけた購入希望者と直接、売買の契約を締結できない
  • 専任媒介契約 ・国土交通大臣の指定する指定流通機構(レインズ)への物件登録:7日以内の登録が必要
    ・不動産会社の売主に対する売却活動の業務状況報告:2週間に1回以上文書または電子メールで報告
    ・特定の1社に売却を依頼する契約で、他の不動産会社に重ねて依頼することはできない
    ・売主は自ら見つけた購入希望者と直接、売買の契約を締結することができる
  • 一般媒介契約 ・国土交通大臣の指定する指定流通機構(レインズ)への物件登録:登録の義務なし
    ・不動産会社の売主に対する売却活動の業務状況報告:業務報告の義務なし
    ・売主は複数の不動産会社に重ねて媒介契約を依頼することができる
    ・売主は自ら見つけた購入希望者と直接、売買の契約を締結することができる

※レインズとは
国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピューターネットワークシステムです。オンラインで結ばれている多数の会員不動産会社間で情報交換を行うシステムなので、レインズに登録することで、多数の不動産会社が物件情報を把握でき、購入希望者を探すことができます。

販売活動
販売活動

さまざまな媒体を通して物件を告知し、購入希望者を探します。
問合せがあった場合には実際の物件を見学してもらいます。

売買契約
売買契約

購入希望者との契約条件の合意に達した時点で、売買契約の手続きを進めていきます。重要事項のご説明、売買契約書の取り交わし、手付金の受領、契約のご締結となります。

残代金の授受・物件の引渡し
残代金の授受・物件の引渡し

引渡し日までに、抵当権の抹消手続き等、引渡しの準備を進めていきます。
残代金の受取り、固定資産税等の清算、鍵の引渡し、登記の申請など、これらが無事に終了すると引渡し完了となります。

売却・買替えに関するお問い合わせ

売却時に必要な費用

売却時に最低でも必要となる費用を下記に記載させていただきますので、資金計画の目安にしてください

仲介手数料
売却が成立した場合に必要となります。通常は成約価格の3.24%+6.48万円となります。
弊社では売却時仲介手数料を50%OFFにて対応しております。
但し、専属専任媒介契約と専任媒介契約の場合に限ります。
収入印紙代

不動産売買契約書に貼付します。

・契約価格が、1,000万円を超え5,000万円以下の場合
 2万円(平成30年3月31日まで特例措置として、1万円)
・契約価格が、5,000万円を超え1億円以下の場合
 6万円(平成30年3月31日まで特例措置として、3万円)

抵当権抹消費用
物件に抵当権が設定されている場合には、司法書士に依頼して物件の引渡しと同時に抵当権を抹消しなければなりません。
抹消費用は通常借入が1本につき、約15,000円ぐらいです。
住宅ローン繰上げ返済手数料
抵当権を抹消する際に、住宅ローンの残債を一括繰上げ返済しなければなりません。
一般的には、不動産の売却金額をそのまま繰上げ返済に充当していきます。
返済手数料は借入れの内容によって異なります。
測量費

一戸建て・土地の売却の場合で境界の位置が不明な場合には、土地家屋調査士等に依頼して隣地の立会いや測量をして境界の確定をする必要があります。

土地の広さや境界(ポイント)の数・内容によって異なりますが、約20万円~50万円の費用がかかります。

所得税

本物件の購入時よりも高く売れた場合は、その利益分に対して譲渡所得税が課税されます。譲渡所得税には長期譲渡所得と短期譲渡所得がございます。

長期譲渡の場合(譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年を超えている場合)
  → 利益分×20%=所得税

短期譲渡の場合(譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年以内の場合)
  → 利益分×39%=所得税

但し、利益分から取得時もしくは売却時にかかった仲介手数料等の諸経費は差し引いて計算できます。

※利益が3,000万円以下の場合は3,000万円特別控除の特例もございますので、詳細についてはご相談くださいませ。

売却・買替えに関するお問い合わせ

ページの先頭へ